--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-01-16

Sleep training

さーちゃん、昨日の夜から"Sleep training"を始めました。
日本ではあるのかどうか知りませんが、イギリスでは大抵6ヶ月頃から始めます。
赤ちゃんが一人でも寝れるように、また、目が覚めてしまっても一人で寝に戻れる様にトレーニングするのですが2通りやり方があります。

1つは赤ちゃんをベッドにおろしてそのまま部屋を出、泣いている様なら初めは5分後に一度戻り落ち着かせてからまた部屋を出ます(この時に抱き上げてはダメ)。それでも泣き続けるなら次は10分後に戻り同じことを繰り返します、そして次は15分後、という風に序々に戻る時間を遅くしていく、というものです。

もう一つは赤ちゃんをベッドにおろした後そのまま赤ちゃんの近くで寝るまで側にいる、というものです。ただこちらの場合は2,3晩ごとに少しずつ赤ちゃんの側から離れて待つようにし、そのうち赤ちゃんは側にいなくても寝れる様になるらしいです。

さーちゃんの今までの寝るパターンは毎々咲がさーちゃんを抱っこし、さーちゃんが寝る or 寝るモードになったらベッドにおろしてモバイル(ベビーベッドにとりつけられる赤ちゃんの頭の上でグルグル回って音楽がなるやつ、毎々咲、日本で何て呼ばれているのか知りません)を鳴らして部屋を出る、というものでした。 
のでさーちゃんの"Sleeping Training"はこの抱っこを無くすことで、毎々咲は最初のベッドにおろしたら部屋を出る方を選びました。というのもさーちゃんの場合毎々咲が近くにいると遊ぶモードになって逆に興奮してしまうのです だからさーちゃんをベッドにおろした後、おやすみキスをしたらモバイルを鳴らして毎々咲は部屋を出てしまいます。

しっかしさーちゃん、毎々咲を驚かしてくれました。と言うのも、昨日の夜も、今日の昼寝もそのまま眠りについてしまったのです 夜はともかく昼寝はなかなか寝るモードにならなかったさーちゃんですので毎々咲さーちゃんの部屋に戻る気満々だったのですが、いつまで経っても静か・・・、これにはビックリしました。 うれしいビックリですけどね

これを暫く続けて常に眠れるようだったら以前紹介したSwaddlingを止めていく予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

毎々咲

Author:毎々咲
毎々咲一家:
毎々咲(母)
さーちゃん(娘)
マー坊(旦那、さーちゃんのパパ、ちなみにイギリス人)
の波乱万丈(?)な日々をお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。