--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-15

Happy Valentine!!!

過去の記事をご覧になった方はお気づきの事と思いますが、旦那の呼び方を変えました。もともと普段から旦那、なんて呼ばないのでずーっとしっくりきてなかったのですが、今回マー坊に変える事にしました。マー坊なんて呼ぶ様な年でもないのですが、彼の場合図体でかくて年はそれなりなのに中身はいつまでも少年の心なので・・・。それに従いまして、過去の記事も旦那マー坊に修正しておりますが、もし修正し忘れている所がありましたら、お許し下さいませ。なんせこの毎々咲ですから・・・

さて、皆さんはどんなバレンタインを過ごされましたか
日本のバレンタインはあまりに商売化されていて、毎々咲バレンタインのチョコの売り場の人だかりを見ただけで後ずさりをした記憶があります
欧米では大抵男の人が女の人に花束とカードとかあげて、思いを告げたりするいいチャンスだったりするらしいです。そしてホワイトデーはないので女の人はもらうのみ

毎々咲家のバレンタイン、去年はうっかりはちべえ毎々咲が日本のバレンタインについてマー坊に口を滑らせたが為に何故か日本式にされてしまったバレンタインでしたが、今年は半日本式でした。
豪華にディナーと行きたい所ですが、マー坊が夜遅くまで仕事だった為、普段よりちょこっと豪華な夕食を作って帰りを待った毎々咲。しかも、なんだか日本の風習が未だに抜け切らないのかチョコもあげました
と言ってもチョコを溶かして、それにくだいたビスケットをいれて固めただけw

実は、マー坊を連れて日本に行った時、コンビニに売っていたクランチチョコうまいとひたすらマー坊食べていたので(滞在期間2週間の間で何個食べたのかは不明・・・)それに少しでも近い感じのチョコを作ってあげたかったのです。
そして、チョコが固まってラッピング~~と思ったのに、あったはずの日本の100均で買出ししてきたセロファンのラッピング袋がどこにもない 家中を探し回っても見つからず、急遽計画変更、オーブンペーパー使ってラッピングをしました

帰って来たマー坊に「はい。ハッピーバレンタイン」とチョコをあげた毎々咲。マー坊は早速うま~~い、とパクパク食べておりました。
そして夕食を食べた後、残りのチョコを食べながら、マー坊が一言。

「これ高かったんじゃないの?!」

毎々咲 「・・・・・」

毎々咲 「何が?!」

どうやらどこかのお店で買ってきたものだと思っていたらしいです

「だって、茶色のなんだか高級そうなラッピングしてあったし・・・。」

それはオーブンペーパー

毎々咲しばらく爆笑しておりました・・・

そしてこちらがそのチョコ。
DSC00232_convert_20090215064729.jpg

見えますでしょうか?このチョコが乗っている茶色の紙がオーブンペーパーで、これを上でしぼってリボンで結んでおりました。

ちなみにこのチョコ拡大してみると・・・
DSC00235_convert_20090215064830.jpg

なんだかわかります?

そう、熊のプーさんです 

なぜプーさんかって

それは・・・、

マー坊がよくさーちゃんをプ~~~と呼ぶから・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

毎々咲

Author:毎々咲
毎々咲一家:
毎々咲(母)
さーちゃん(娘)
マー坊(旦那、さーちゃんのパパ、ちなみにイギリス人)
の波乱万丈(?)な日々をお届けします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。